ビルメン

【ビルメン体験記】ビル内に猫が迷い込んだときの対応について解説してみる

スケルトン天井

今回は「ビル内に猫が迷い込んだときの対応」について解説します。

ぼくはビルメン歴7年目で、副責任者も担当しています。

当サイトを読めば「知ってよかった!」と思えるビル設備の知識が手に入ります。

  • 「ビルメンに入社するのは不安…」
  • 「困ったときの参考資料にしようかな」
  • 「もっとビル設備を知りたい!」

どんな人でも、サラッと簡単に読めるようにしました。

ぜひご参考にしてください!

ふりーだむ
ふりーだむ
おなかを空かせた子猫ちゃんは、とんでもなく厄介な相手にゃ…。

【状況】ビル内に猫が迷い込んできた

ある日、「ビル内に子猫が迷い込んだ!」とテナントさんが連絡が入りました。

たま
たま
動物の対応もビルメンの仕事なの?
ふりーだむ
ふりーだむ
ビル内の困ったことは、だいたいビルメンが最初に対応するにゃ。

すぐにビル内を確認しましたが全く見つからず。

探していると、ビル内にある店舗の食パン1枚がかじられていました。

そして近くに「子猫のう○こ」も落ちていました…。

食パンと猫フン
たま
たま
おいおい、下品なやつだな!
ふりーだむ
ふりーだむ
このとき子猫の姿は見えなかったけど、小さな声は店内の天井から聞こえたにゃ。
たま
たま
早く外に引っ張り出して…
ふりーだむ
ふりーだむ
うん、すぐ外に出したかったけど「ある理由」で探すのに時間がかかったにゃ。

子猫を探すのに時間がかかった「ある理由」。

それは「スケルトン天井」という天井裏の配管が丸見えのお店だったからです。

ふりーだむ
ふりーだむ
天井が高く見えるメリットがあるんだけど、子猫にとっては絶好の遊び場にゃ。
たま
たま
巨大なキャットウォークのようだ…!

このままでは、また子猫は料理を食べてしまうかもしれません。

いち早く子猫を探さねばならない状況でした。

【対応】スケルトン天井の配管裏を全てチェック

スケルトン天井

複雑なキャットウォークと化したスケルトン天井。

1時間、2時間、3時間と探しても、全く見つかる気配がありません。

子猫の声はするけど、天井が広すぎて探しきれず…。

結局、依頼のあった1日目は何もできずに一度撤退しました。

たま
たま
1日では見つからなかったんだね。
ふりーだむ
ふりーだむ
脚立の昇り降りで、汗が止まらなかったにゃ。

猫ちゃんが迷い込んで2日目。

再び店舗から「猫がまた違う料理を食いやがった。どうにかしてくれ!」と連絡がありました。

ふりーだむ
ふりーだむ
店舗は激おこぷんぷん丸にゃ。

とりあえず、食べられた料理と子猫のう○こを拝みに行きました。

たま
たま
金運がアップした。

再びスケルトン天井を探すも、やはり猫ちゃんの姿は見えません。

もうダメかも…諦めかけていたそのとき!

ふりーだむ
ふりーだむ
「おい!猫が外いったぞー!やったやった!」と歓声が上がって…猫が逃げてすごく嬉しかったにゃ。

【まとめ】子猫好きでも逃げられて嬉しいときがある

ぼくは今でも猫ちゃんが大好きです。

しかし、もう2度と店舗では子猫を見たくないと思った体験でした。笑

ビルメンはこのような不思議な対応もします。

なかなかできない体験ができるので、これだからビルメンは面白いですね。

まだビルメン未経験なら、あなたも一緒に仕事してみませんか?

今回も最後まで見ていただきありがとうございました!次回もお楽しみに!